インスタグラムは多くのWebサービスの中でも利用するための規約が特に厳しく、機能を投稿できる時間や回数などが、アクションごとに細かく決められています。

ペナルティのリスクを最小限に防ぎながらインスタグラムを運用していきましょう!

- 手動でのアクションをなるべく控える

インスタグラムはWebサービスの中でも利用するための規約が特に厳しく、機能を投稿できる時間や回数などが、アクションごとに細かく決められています。それに加えてアクセスする端末、地域等も確認しており、普段からアクセスしている端末、地域が異なる場合スパムや不正アクセスとして認識してしまう場合があります。各アクションの上限数は以下の通りです。

いいねの上限回数:一日最大 100~500 回
フォローの上限回数:一日最大 100~350 回
フォロー解除の上限回数:一日最大 100~220 回
アカウントによって利用制限がかかる回数が異なるという点に注意してください。

例えばインスタグラムアカウントを開設してから6ヶ月未満のユーザーは、長く使っているアカウントやすでに有名になっているアカウントよりもかなり利用制限を受けやすいことがわかっています。

- インスタグラムのAPI(情報)を使用する他のサービスの使用を控える

インスタ代行.com以外でインスタグラムのAPI(情報)を使用するサービスを利用すると片方のサービスまたは両方のサービスが正常に稼働しない可能性があります。また、他社のAPIがユーザーのインスタグラムをどこからアクセスしているかこちらでは判明することができず、通常ユーザーとインスタ代行.comが普段からインスタグラムをアクセスと異なる場合、スパムや不正アクセスとして認識してしまう場合があります。

- 写真へ投資する。良い写真を投稿する

インスタグラムがスパムアカウントを識別する方法として、自動である方法と手動である方法があります。きちんと良い品質の写真が投稿されていれば、手動のペナルティを受けることはまずありません。逆に情報商材や、広告目的のアカウントの場合はルールを守っていても手動で凍結ペナルティを受けることがしばしばあります。
この記事は役に立ちましたか?
キャンセル
ありがとうございます